不動産売却よくある質問 Q&A

FAQ
折込チラシや住宅情報誌への掲載など、別途広告費用は必要になるのですか?
広告にかかる費用は当社が負担いたしますので、お客様にご負担いただくことはありません。
売却って、まず何をしたらいい?
まずは、不動産の査定を行うのがよいでしょう。
査定というのは、その不動産がいくら位の金額で売れそうかを調べることです。
その後、相談の上、実際の売出し価格を決定していきます。
売却することを断念しても、仲介手数料は払わなければいけないの?
仲介手数料はあくまで成功報酬ですので、ご売却が成立しない場合にお支払いいただくことはございません。
不動産を急いで売りたいときはどうしたらいい?
不動産の売却方法は2種類あります。
不動産会社に買主を見つけてもらう媒介での販売方法と、不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。
媒介の場合、購入希望者を探すためその分時間がかかってしまいます。
その点、不動産会社に直接買い取ってもらう場合は短期間での売却が可能です。
売却価格はどうやって決まるの?
当社の担当が物件の査定を行い、売却価格のご提案をさせて頂きます。
お客様のご希望とすり合わせたうえで価格を決定させます。
査定価格より高く価格設定しても売れますか?
売却できる可能性もございます。
土地や戸建てであればマンションと違い、その場所にしかない物件になります。
他に売却物件が無い場合などで、高く売却できる可能性があります。
お客様の大切な財産をより高い金額で売却できるようにご提案させていただきます。
買い手からの印象をよくするコツってあるの?
家の周りやお部屋など整理整頓を心がけてください。
お家が広くても部屋の中がゴチャゴチャしていては気に入っていただけません。
売る前にリフォーム又は更地にしたほうがよい?
住宅の状況にもよりますが無理にしようとしなくて良い場合もあります。
資産価値を向上させるという目的を持って行わないと、逆効果になってしまう場合もございますので、
まずは一度、ご相談下さい。
ローン残債が多いと買い替えはできない?
できる場合もあります。 お客様の収入や自己資金、購入価格に対しての返済比率などに左右されますので
当社、ローンアドバイザーにご相談ください。
任意売却とはなんですか?
債務者が金融機関への返済が不能になり一定期間滞った場合、保証会社が債務者に代って、金融機関に対して残債務の全額を一括して払う(弁済)ことです。簡単に言うと、債務者(あなた)の保証人となっている保証会社が、あなたに代わって返済したということです。
その場合に保証会社は、弁済した全額について債務者に対しての求償権を取得し、その範囲で債権者が債務者に対して持っていた担保権などを債権者に代位して行使することができることになります。
代位弁済とはどういうこと?
債務者が金融機関への返済が不能になり一定期間滞った場合、保証会社が債務者に代って、金融機関に対して残債務の全額を一括して払う(弁済)ことです。簡単に言うと、債務者(あなた)の保証人となっている保証会社が、あなたに代わって返済したということです。
その場合に保証会社は、弁済した全額について債務者に対しての求償権を取得し、その範囲で債権者が債務者に対して持っていた担保権などを債権者に代位して行使することができることになります。
求償権とは?
保証人が債務者に代って、債権者に借金を返済(弁済)した場合に、その返済した分だけ、保証人が債務者に返してくれるように請求できる権利のことです。
任意売却をした場合のメリットとは?
・通常の売買同様(競売という傷をつけず)に一般市場で売却することで競売より高値で取引でき残債無を圧縮できる。
・任意売却後に残った債務については債権者と協議することで無理のない(ケースによっては5千円~1万円程度の)分割返済ができる。
・高利の遅延損害金などは減額してもらうこともできる。
・買主や債権者との打ち合わせにより引越時期や諸条件について柔軟に対応してもらえる可能性がある。
・話合いで解決するため不動産の占有者(賃借人など)との間に紛争が起こらない。
・初期段階なら誰にも知られず売却することも可能です。家族のプライバシーも守りやすい。
・競売と違って通常の住み替え同様に、人目を気にすることなく住み慣れた地域内での転居がしやすい。
・買い戻しやリースバックなどの方法で、転居せずにそのまま住み続けられる可能性もある。
・売主としての持ち出し費用は一切掛けずに売却代金の中から引越代として配分(現金を受け取れる)、税金滞納分やマンションの管理費・修繕積立金等の滞納分も精算できる場合がある。
・強制退去(競売)と異なり、自分の意志で売買するため計画的な引越や前向きに新生活のスタートができる。
・債務者・債権者共にメリットが多く有効な手段なので話し合いのによる円満解決方法の一つであり、債務者再建型といえる。
任意売却した後に残るローン残高は?
不動産を売却した場合、債権者側から見ると、無担保債権となります。銀行や代位弁済した保証会社は、残った債権を"サービサー"という債権回収専門の会社に債権譲渡します。その場合に、残債の返済する相手はこのサービサーとなります。
"サービサー"は、かなりの数の債権をまとめて買い取ります。(一般的に、債権を額面の1~5%で買い取ります。)
ですから交渉次第では、残債務の5%程度の額を一括で支払うことで、無担保の債務を整理することが出来る可能性が出てきますが、債務者側から都合良く申し出ても債権額が減った訳ではありませんので、簡単には債権放棄してくれません。通常は、相談の上、分割返済(月々5,000円~30,000円位)することになります。